投球・打撃・走塁における【正しい下半身の動き】を徹底解説
2020.07.21



馬原孝浩

プロ野球生活12年の「経験」、通算182セーブ最速158km/hの「感覚」、3つの国家資格に裏付けされる「理論」をもとに、馬原孝浩が考える『理想の軸足の動かし方』を紹介します。

プロ野球で182セーブの実績を上げるための「骨盤の動かし方」
最速158km/hを投げるための「骨盤の動かし方」
医療系の国家資格に裏付けされる怪我をしない「骨盤の動かし方」
を披露します!

練習しても、
球速を速くすることが出来ない人
ボールを思うところにコントロールできない人
イメージ通りの変化球が投げられない人
に必見のないようとなっております!

野球における「理想の骨盤の動かし方」を、
馬原孝浩が解説しています!

〜動画の内容〜
⒈野球の動作における骨盤の使い方
⒉骨盤の動き:前傾・後傾・側方移動・回旋
⒊ピッチングにおける骨盤の動かし方
⒋骨盤の前傾・後傾に作用する筋肉
⒌良い投球時の骨盤の動き
⒍悪い投球時の骨盤の動き
⒎走塁における骨盤の使い方
⒏打撃における骨盤の使い方

- CafeLog -